スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
子どもだけは守ろう
 あまりにも人のやることではないような事件が、次々に起こってしまっていますね。その中で気になる事件の一つに、世を儚んで死のうとする人が、家族や子どもまで道ずれにしてしまうことです。ところが自分は死にきれないでいたりする事件もある。誰でも1度や2度「死にたい」と思ったことはあるかも知れません。でもなぜ家族まで道ずれにしてしまうのでしょう。そこまで責任を感じていたのでしょうか。どうもそうとは思えない気がします。
少なくとも、子どもを殺してしまおうという考えが、思い浮かぶこと自体が到底理解できません。
 「最後の最後、子どもだけは守ろう」と考えないものでしょうか。乳幼児養護施設に預けるとか、保育園の前に置いて来るとか、警察の前やどこかのおもちゃ屋さんに置いて行くとか、何故考えないのでしょう。事もあろうに山の中に置き去りにしてしまった人もいました。
親といえども子どもを守る責任はあっても、子どもの命を奪う権利は無いのです。子どもを自分の所有物とでも考えているのでしょうか。そうではないのです。
スポンサーサイト
【2005/06/23 13:54】 こども | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いじめ① | ホーム | 子どもをテレビ番組に出すのはやめよう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://omocyayasan.blog12.fc2.com/tb.php/9-33cb5931
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。