スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
僕、先生のことが嫌いでした
「ぼくは、先生のことが嫌いでした、だから僕も嫌われる教師になろうと思います」というお酒のコマーシャルです。
こういうことを言ってもいいシュチエーションってあると思いますか?
「僕がこの先生だったら『君達に嫌われたいと思ったことはないがね』って言うなきっと」と言ったら家内も「そう思う」と言っていました。
このある種の危機感がいいんだと言う人が居るかも知れませんが、その危機感にいい意味があるとは思えない…
そういえば昔、喫茶店で上司に「君が嫌いだ」と言われたことがあった。
それはそうだろうと思うことはあったのだけれど、そのような実体験から、このシュチエーションをいい雰囲気にすることなんてできないんじゃないか。
スポンサーサイト
【2007/11/14 11:52】 カフェでのはなし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<電車の好きな子どもには最高のカフェ | ホーム | 薬でジェネリックっておかしいよね?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://omocyayasan.blog12.fc2.com/tb.php/63-1a646a64
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。