スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
おもちゃ屋さんは幸せ2
BRIOの木製レールで子どもは本当によく遊びます。最近は男の子だけの物ではなくて、女の子も楽しそうに遊びます。
その様子を見ていると、今までに思い出したことも無い汽車で遊んだことなどを不思議に思い出すのです。

8畳の部屋がとても広かった。四角くできた畳の茶色の縁布が素晴らしい線路だった。ぼくは当時としては大分大きな積木を持っていて、厚さが3cmはあったろう積木で(今、こういう立方体の無い積木はあまりよくないなどと言っているんだけど)その中の長い長方形がプラットホームだった。そこにスルスルっと入ってくる電車が何ともいい気持ちだったのです。積木で町もできました。電車に乗るときには四角い箱に入ったアイスを買ってもらって…遠くに行くのです。

あの楽しさは、どうにも言い様がありませんが、今でもあの時の気持ちにはなれます。
スポンサーサイト
【2005/09/22 15:07】 感じたこと・思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カプラでワークショップ | ホーム | おもちゃ屋さんは幸せ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://omocyayasan.blog12.fc2.com/tb.php/18-341b6df8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。