スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
思い出 先生の話し
 小学校の時の先生は担任の先生以外にも色々な先生にお世話になった、と言うより仲良くなった。現在になると色々批判があるのだけれど、私も今の学校には問題が多すぎると思うけれど、私たちの頃は、戦後の自由教育を先生達は四苦八苦して、子供と関わってくれていたと思う。おばちゃん先生の島田先生は、楽しい先生だった。生徒を皆呼び捨てで呼んだ。(今だったら、喜んで噛み付く親がいるだろうな)
 ある日島田先生が私を呼んだ「ヤマカワ!これ食べる?」チューインガムだった。学校でお菓子を食べられる事などある訳が無かったから、それも先生がくれるのだからしっかりだまされた。パッチンガムだったのだ。
 またある日は、最高の日だった。島田先生は皆に「これはプープークッションと言います。これは銀座の金太郎と言うおもちゃ屋で買って来たのよ」あのパッチンガムも金太郎で買ったらしい。それを応接室で◯◯先生にやるから、皆気がつかれないように外から見ていろというのだ。皆応接室の掃き出し戸を少し開けてクラスの連中がそっとまっていた。
 「◯◯先生ちょっとご相談があるのですが、そちらにお座り下さい」と島田先生が男の先生を連れて入って来た。そこに座ったとたん『ブゥ~!』クラスの皆が一斉に「ワーッ!」と言って大笑い。「でも、私のは上品な音でしたね」とその先生が言った!私のいたずら好きは島田先生のおかげです。
 島田先生の家にも遊びに行ったし、家庭訪問では来るのが楽しみだった。

中学校では、馬鹿が付くほどの真面目な松本先生がいた。クラスの皆が松本先生を好きだった。学校の帰り道にあるお好み焼き屋さんで食べているのを見つかって、明くる日松本先生に職員室に呼ばれて、怒られた。「分かったか?」と言われて「はい、学校の帰りにはよりません」と言ったら「違うよ!君たちだけで食べ物屋に行っちゃいけないって言ってるんだ。しばらくここで正座して考えなさい」生徒に小言を言うのも、一生懸命頑張らなければならないような先生だということがよく分かった。
 私は自分の気持ちを書き残そうと「私だ!」というノートを作って詩とも言えないような物を書いた。
 度々松本先生に見てもらっていた。先生が交代で毎朝何かを話す時間があって、そこで「3年生のある生徒の詩です」と言って私の詩?を読んでくれた。
 東逗子の先生の下宿に泊まりたいと家に電話した時、父がどうしてもダメだと許してくれなかった。「ダメだ」とあまり言った事の無い父のその言葉に、何故か嬉しさを感じた。その毅然とした声が好きだった。
 その後、先生の吉祥寺の実家まで遊びに行った事があった。当時つきあっていた彼女の家がすぐそばなのが分かって電話して面白がった。泊まった明くる日、吉祥寺のジャズ喫茶ファンキーに行った。スピーカーのすぐ横に座ってしまったので、何も話しができなかったのを覚えている。今でもあの松本先生の仕草を思い出す。必死になって私たちの事を考えて悩んでくれた、馬鹿真面目な松本先生だった。

 大学時代、版画家の斉藤寿一先生とデザインの岡田先生には多くの物を学んだ気がする。豊田先生も優しい先生で、今でも年賀状のやり取りをさせて頂いている。
 大学卒業直前の1月に父を亡くした私は、入社直後から1ヶ月ほどか山形に行かされ、心細い思いをした。その時、岡田先生にまるで父親に出すような葉書を送ってしまった。1ヶ月後家に帰ると岡田先生から葉書が来ていて、日にちからすると、私が送ってすぐの返事だった。その励ましの言葉は覚えていないが、まるで父親からのような言葉に、涙が出てしまった。
スポンサーサイト
【2011/03/31 19:05】 カフェでのはなし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不安が深まる原発 | ホーム | 信頼が無くなってしまった。あったはずなのに。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://omocyayasan.blog12.fc2.com/tb.php/163-95540ed8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。