スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
夢2
昨日、テレビ東京の「シューシャインボーイ」を見た。原作は浅田次郎の「月島慕情」と言う事だ。

私は昭和23年生まれだから、社長の鈴木一郎(西田敏行)の時代でもないし、塚田文雄(柳葉敏郎)の時代でもない、その中間と行った時代の人間となる。
その辛い大変な時代を経験した事も無いが、地銀の課長の塚田文雄が経験してきた状況を作り上げた者の一人か?

今でも「アーぼくは正しくない事をしている」と勤めている会社での仕事の夢を見る。何かを言い忘れている。何かし忘れていると、何時も思っている。

親父は私に取って偉い人だった。勤めていたころも、今の立場でも、身近な偉い人というのが受け入れられない。何とかの会頭とか何とか銀行の頭取と言われても、有り難いと思えない。社会的に認められただけの偉い人が嫌いなのだ。
老人福祉の為に役立つ物を作ろうと言っている奴が、自分がそのうち人に世話にならなければならない老人になる事を知らない。目立たないけれど、夫々に偉い人は沢山居るのに。

死ぬ時に「これでよかった」などとは言いたくは無い。それは親父が亡くなる1ヶ月ほど前だったか、こう言ったからだ。
「おい、お前と二人で牧場を作ろう。千葉の山の中あたりがいいかな。友達が来ても車は門までで、門馬では僕が馬車で迎えに行って連れて来てやる。豚は殺さなきゃならないから飼うのはやめよう。乳牛と鶏と。友達が来た時には、お前は卵を取りに行ってこい、僕は彼らにオムレツをこしらえてやろう」死がまじかに迫っているころの親父の言葉だった。まだ夢を見ている。

最後まで夢を見ている親父。夢は見続けているからいいんだ。
私はその事でも親父を尊敬している。
夢半ばで成し遂げる事が出来ずに亡くなって、などと…その方がいいに決まっている。
社長の鈴木一郎(西田敏行)に親父のような感じを見た。もっと上品だってけれどね。
ここだけの話し、兄を外国に行かせる前に、帝国ホテルに1週間泊まらせた親父が大好きだ。
スポンサーサイト
【2010/03/25 18:34】 感じたこと・思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ツバメが飛ぶ季節に、カタツムリと銀杏の木 | ホーム | 夢1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://omocyayasan.blog12.fc2.com/tb.php/117-a066a518
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。