スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ピアノが、買われて行くお客様を選んだんだね!
カワイ楽器のグランドピアノ型のミニピアノを店に置きました。ある時、おじいさんが来て「このピアノが欲しいが、新しいのを注文したい」と言われたので注文しました。店にあったミニピアノはその後すぐ売れました。所が当時、盲目の青年ピアニストの辻井さんが3歳でミニピアノを弾いた事が話題になって、なかなか入らない。仕方なくネットで定価で購入、おじいさんの注文にやっと間に合わせ、お渡し出来たのでした。
 ところが、明くる日、血相を変えてそのおじいさんがやって来て「息子が、子供にこんな音のおもちゃのピアノをやらせるのか、とんでもないと言ってる」と怒鳴り散らすではありませんか。注文時に随分触って確かめていたのに、音も正確に調律してあるのに。そして半ば強引に突き返されたのでした。仕方なく店に置きました。この事では、私も随分大変落ち込みました。
 それから大分経ってつい先日の事。若いお二人連れのお客様が来て、そのミニピアノを見るなり、男の方が素敵な演奏をサラッとされたのです。これには私もあっけにとられて「とっても素敵ですね!」と言ってしまいました。ピアノの演奏を随分されている方とお見受けしました。すると「これ欲しいな!音も良いし、正確だし」と言って買って行かれたのでした。
 親友が言いました「ピアノが、買われて行くお客様を選んだんだね!」
スポンサーサイト
【2011/05/29 13:53】 世界のおもちゃ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
犬との別れが辛いという話しでいいじゃないか!
もし、何処かの犬が迷って我が家に来たら、可哀想だからきっと置いてやるだろうけれど、飼い主をそこら中に聞いて回って、探すだろうし、保健所だって考えの中にはあるだろう。子供がなれてしまって、その犬を愛してしまったとしても、この犬を愛して探している人が居る事を、何時も話して聞かせると思う。そして本当の飼い主が現れたら、しっかりと返してあげる事の大切さを教えるだろう。自分が愛する事と同じように、人が愛する事も大切に受け入れなければならないこと。親が一緒になって、自分たちの物にできないかなどと考えるものではない。(自分のための愛だけが全てだなどと教えてはならない)
その上、それを知った獣医が「一度返したら、二度と会ってはいけない。犬が迷うような事はけっしてしてはいけない」などと言うのも、それほどのことではないと思うし、ちょっといい加減、危機感を増す為に作ったとしか思われない。
所が、もとの飼い主が、可愛がっていた子供とうまくコミュニケーションが取れなくなったと、貰ってくれないかなどと行って来る。そんな簡単な話しな訳が無い。どうも根本的な所で、このドラマの内容はどう考えても軽薄すぎる。
テレビ朝日23:10犬を飼うという事

私が死んでしまった後になって、51歳の妻が妊娠している事が分かったとしたら。その子を生むことに、何の問題があるのだろう。上の4人の子供が、何故反対したり、悩んだりできるのだろう?末の娘が、皆に知れたら恥ずかしいからやめてくれなどと言える事ではない。
上の娘が、その子が二十歳になった時母親は70歳を超えてる、それでも育てられるのか、私にまで迷惑をかけるなとも言う。母親が父親との間でできた子供を産むことに、何故反対が出来るのかが分からない。母親がその判断の上で君たちを産んだとするならばどうなのだろう。
自分が愛されると言う大切さと、同じように、人が愛される事も大切に受け入れなければならないこと。このドラマの筋書きはどう考えても軽薄すぎる。
それに加えて、高年齢出産の場合は尿検査等の検査はやはり大切なのではないだろうか。産まれてから分かっても良いような事ではないのだから。
TBS金曜22:00生まれる
【2011/05/15 15:07】 カフェでのはなし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚式
どうもいたずらが好きな仲間が集まってしまったからなのか、友達の結婚式となるとそれがいいターゲットになってしまう。最初は誰の結婚式だっただろうかと考えてみたが、イリュージョンクラブの仲間だったかな?
しかし、その前に何か事件があったのだ。
 そう、あれはチエちゃんとナオちゃんの結婚式の後、ハワイに新婚旅行に行って帰って来てから聞いた話しだった。
ナオちゃんが「式の後そのままハワイに行ったのだけれど、××がスーツケースを一緒に運んでくれたから、なんて優しい奴だと思ったらサ! 向こうのホテルに付いてスーツケースを開けたら、式場の土の入ったままの花の鉢がつっこんであって、おれのパンツが全部どろどろだったんだゼー!」

 ××は何て面白い事をする奴なんだと思った。マーでも披露宴でやんなくちゃ面白くないな。
 先日、イリュージョンの話しをする為に、ミッちゃんと道男君と集まった時、道男君の結婚式の時の写真が出て来たので、皆で見た。……「次のお祝いの言葉は、新郎のご友人であらせられます◯◯様、お願い致します」
 しばらくの沈黙。急にバレエ音楽「白鳥の湖」が流れ出す。ドアが開くと4人のコギタナイ男の白鳥がつま先立ちで入場。顔は真っ白、口紅は真っ赤!その上、最後の男はもみあげがほっぺたまである、胸毛の男(俺)。
 「資生堂の口紅はちょっと匂いがキツいんだよなー」などと言いながら、会場を踊りながら、新郎のそばへ行って、無理矢理引きずり出して周りを踊り、最後に思いっきり顔にキスをしてやった。道男君の顔は最後まで赤い口紅は全部は取れなかった~ヨ!良い想い出になったよナ!
 
 それからだよ、仲間の結婚式となったらもう本人は覚悟してこれを受けなければならない事になったのだ。
【2011/05/09 18:11】 カフェでのはなし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イリュ-ジョンクラブ
社会人になって、2年目の連休にケンジと元ちゃんとササキとで草津に急に決まって旅行に行った。
一泊目はケンジが仕事で泊まった事があるという旅館に泊まったのだが、これが何ともすさまじく迷路のような所で面白かった。夜は近くのコンクリートが打ちっぱなしのような焼き鳥屋に行って、皆腹を壊した。
二泊目は草津の観光案内所に聞いた旅館だったので、まーまーだったが、温泉街の中のバーに飲みに行って、高くて確か水割り2敗ぐらいしか飲まないで帰って来たような気がする。

社会人になって、どうにも面白くない。何かやりたい事が何も出来なくなるような感じがして、誰かが「したいなー」と思った事があったら、どうにかしてやろう!それで、皆は彼が言うんだからきっと楽しい事なんだと信じて参加する遊びのクラブを作ろうという事になった。それで「イリュージョンクラブ」と言う名でみっちゃん、オザワ、イガラシと私の4人がメインになって、10人くらいの会員が集まった。会員を「スタッフ」と呼んだ。
確か一番最初が「軽井沢で3軒の店を回ってフルコースにしよう」というもので、その後貸別荘でコック見習いだったオマタがミートローフを作ってパーティという事だった。ホテル鹿島ノ森にも部屋を取ってくじ引きで泊まれる人を決めたり、貸し自転車で走り回ったり。そう言えば財布を落としたナオちゃんとそれを拾ったチエちゃんがそれが縁でか結婚したっけ。
その後、毎年、幾つものしたい事パーティをしたのだった。
【2011/05/02 14:50】 カフェでのはなし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。