スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
老夫婦
ガブリエル・バンサン作の「老夫婦」という絵本がある。
この本を見つけたのは、あの「アンジュール」からのことで、そのデッサン力と表現力に見せられたからなのだけれど。バンサンの絵本を何冊も見てるうちに、この「老夫婦」に出会ったのです。
パリに住む老夫婦を歌ったジャック・ブレルのシャンソンにをバンサンが絵にしたもので、その絵の力がある為に、読んでいてあまりにも辛い絵本なのです。

年老いたふたりには、いまはもう話すこともなく、ときおり、おたがいにそっと目をやるばかり。
お金があろうとなかろうと、みじめさはかわりなく、もうゆめもなく、思いやりがあるばかり。

ふたりはおたがい手をとりあい、あいてに死なれるのがこわいのだがー
けれどやはり、どちらかが死んで、どちらかがのこる。

この歌の詩が素晴らしいのだけれど、バンサンの絵も素晴らしいのだけれど、あまりにも辛い絵本なのです。

ところが、ある日、若い女の方がこの本を買って行かれたあと。
何となく分かった気がしたのです。もしかしたらこれが幸せな死に方の一つなのかもしれない。交通事故や火事や、辛い病気も戦争にも関わらず眠るように亡くなれることはもしかしてー

ジャック・ブレルの歌うLes Vieux 老夫婦も素晴らしいです。

最近みじかな人が亡くなって、色々な事を考えてしまうこのごろです。
スポンサーサイト
【2009/02/05 18:54】 感じたこと・思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。