スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
おもちゃ屋さんは幸せ2
BRIOの木製レールで子どもは本当によく遊びます。最近は男の子だけの物ではなくて、女の子も楽しそうに遊びます。
その様子を見ていると、今までに思い出したことも無い汽車で遊んだことなどを不思議に思い出すのです。

8畳の部屋がとても広かった。四角くできた畳の茶色の縁布が素晴らしい線路だった。ぼくは当時としては大分大きな積木を持っていて、厚さが3cmはあったろう積木で(今、こういう立方体の無い積木はあまりよくないなどと言っているんだけど)その中の長い長方形がプラットホームだった。そこにスルスルっと入ってくる電車が何ともいい気持ちだったのです。積木で町もできました。電車に乗るときには四角い箱に入ったアイスを買ってもらって…遠くに行くのです。

あの楽しさは、どうにも言い様がありませんが、今でもあの時の気持ちにはなれます。
スポンサーサイト
【2005/09/22 15:07】 感じたこと・思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おもちゃ屋さんは幸せ
もちゃ屋をやっていて、時々幸せだなーと感じることがある。
何時かネズミ君のパペットを見詰めていた女の子が、暫らくしたある日真直ぐネズミ君の所に来て「これください!」と目をまんまるくして言われた時、愛されて買われていくおもちゃの幸せをもね。

色々なおもちゃの話ができるのは、楽しいことです。
おもちゃを見て、笑ったり、歓声を上げられたりするお客様を見ているのは楽しいことです。
子どもがたくさん遊びに来てくれることは楽しいことです。
お母さんが、遊んでいる子どもの事を、見ている様子を見るのも楽しいことです。
遊びに夢中で、帰りたがらない子どもを見るのも楽しいことです。
時々、赤ちゃんのホッペや小さな手を触らせてもらえることも、とっても幸せなことですそして、その遊んでいる子ども達を見ていると、面白いように私が子どもの頃遊んだことを思い出すのです。
BRIOの汽車で遊んでいる子を見ていると、『そうそう駅のホームにスーっと入ってくる、このスーっとの感じが何とも良いのだよね。ぼくのホームは大ききくて長い積木だった』とかね。

BRIO汽車レールセット

【2005/09/19 18:04】 こども | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
鎌倉由比ガ浜フェスタに参加
2005年10月2日(日曜日)鎌倉で「由比ガ浜フェスタ」が行われます。
去年に続いて2回目となりますが、
今回は、私の店「おもちゃだいすき&アナトールカフェ」も色々ともようしをしようと思っています。
①店頭で珈琲、紅茶、そば粉のクレープ(ガレット)の販売
②森本美穂子さんによる「子どもの似顔絵描きます」
③PM3:30より「カプラのワークショップ」を行います親子でご参加ください。
④フェスタセール
など、お近くの方、お時間のある方、是非おいでください。
カプラ

【2005/09/08 18:30】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。