スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
迷惑メール
まったく、迷惑以外の何者でもないですよね。漢字ばっかりのや外国語のメールもいいかげんいらいらしますが、
件名が「おつかれさまでした」なんて言うのが来ると、知り合いかもしれないけど、こんなアドレスの人は知らないし。
無理やりメールを見させられるんですからね、メールを開けた時点で、すぐに削除してしまうのですが、
ただいやな気分にだけさせられるのに、何故こんなことをするんでしょうね?
先日、加藤 涼子という人から「知らない貴方からのメールが来ました、どんなごようですか?」とのメールが来ました。その後また加藤 涼子という人から「ウィルスメールか、迷惑メールのようでした」と言うのが来たかと思ったら、今日「無神経かもしれませんが…もし良かったらメル友とまではいきませんがメール交換でもしませんか?実は先週離婚して今、実家に居るんです。」と言うのが来たんです。
まったく手が込んでますよね。無理やり知りたくもないことを知らせたり、見たくもない物を見せたり、どうにかならないもんでしょうかねー。
スポンサーサイト
【2005/07/28 12:16】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いじめ②
いじめにあった子供に、どんないじめをされたのか聞きたいと思いませんか?
でも、きっと彼らは話せないでしょう。
「いじめにあったことがあって、何回も死のうと思った」とか「いじめに何年間も苦しめられた」と言う子が随分いますが、その内容を話そうとする子はいないようです。何故でしょう。

それを話すということは、実にその恐怖心や苦痛を再現することになってしまうのではないでしょうか、それに話しても分ってもらえないことが多い。
私も今の時代に子供であったとしたら、きっといじめられ子だったと思います。現に思い出す事は沢山ありますし。
そうして考えてみると、クラス皆に無視されるなどということになったら、きっと耐えられない、酷い苦しみになると思います。でも、私の子供のころにはそんなことはまず無かった。
誰かにからかわれたり、本を取られたり、それを目の前で踏みつけられたり、でもそれは1人か2人か、グループでした。
クラス全体で、無視されたり。いじめられたりはされたことはありませんでした。
一体何がこのような状況にさせてしまったのでしょう。
「シカセンベイ」というページの「いじめのページ」を拝見しましたが、そこに集まってきた人たちの中での苦闘があって、私などがどうこうできるような状況ではありませんでした。
このような状況になった人たちは、けして一部の人たちでも、特殊な人たちでも無いようです。でももうどうにかしなければならない
【2005/07/25 18:37】 こども | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
不思議なこと(蒸気機関車)
昨日テレビで「不思議発見」を見た。
 「機関車トーマス」を元にイギリスの蒸気機関車を題材にした番組でした。
 これは本当に不思議なことなんだけれど、乗り物のおもちゃには、自動車、汽車、飛行機、船、ロケット、UFO等色々とありますが、自動車と汽車が格段の差で人気があります。しかし「汽車」はもう子ども達の回りで走らなくなって何十年も経っているのに、未だにおもちゃは随分あるのです。
 「機関車トーマス」がとても良い例ですが、「自動車」のように日常的にある物ではないのに、どうしておもちゃの汽車はあるのでしょう?
確かに「蒸気機関車」のファンは未だに多くいて、ホームページも沢山あるし、色々な所で汽車に乗れるチャンスもあります。BRIOでもMICKIでも他のプラレールほおもちゃでも、新幹線やヨーロッパの特急列車はありますが、「蒸気機関車」もあるというか、この方がメインですよね。
 ですから、どうして未だに「蒸気機関車」なのかは本当に分らないのです。でもやっぱり「蒸気機関車」が好きなんですね。
文字色
【2005/07/24 11:26】 世界のおもちゃ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いじめ①
これはとても大きな問題なのだと思います。「いじめは昔からあったから」と言う人が居ますが、昔のものとはもう全然違うのだと思うのです。
1つのキーポイントとして、逃げられない、避けられない状況にした上で、或いはそういう状況の中で始まるのだと思います。
子供は学校以外には家しか行く所がありません。何処かの調査で、子供たちに「いじめにあったことはあるか」との質問に、80%以上が「あったことがある」と答えたという話があります。
子供たち皆が、何時自分がいじめの対象になるか分からないという状況にあるのです。
【2005/07/15 18:37】 こども | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。